自由診療

自由診療一覧

血液オゾン療法 虚血性心疾患への保険適用されております。ほとんどあらゆる疾患の治療、ガンの補完治療やアンチエイジングにも注目されています。
プラセンタ療法 慢性肝炎・アトピー・アンチエイジングなどに用いられるヒト胎盤エキスの注射です。
自然治癒力や免疫力の向上などが報告されています。
疲労回復(ニンニク注射)美肌点滴 「二日酔いの方」「運動・スポーツなどで体が疲れている方」「疲れがたまっていても仕事が休めず、激務をこなそうとする方」に、「ニンニク注射」をおすすめします。
マイヤーズ・カクテル点滴治療 喘息・慢性疲労・線維筋痛症・花粉症・偏頭痛などに有効です。
体にやさしいビタミン・ミネラルだけの点滴で、米国自然療法医の定番です。
超高濃度ビタミンC点滴療法(癌治療)
50~100g
副作用のないがん治療として知られています。単独でのがん治療、抗がん剤との併用も可能です。
化学療法の副作用によるつらい症状も軽減します。

高濃度ビタミンC点滴療法を用いたガン治療に関する情報(点滴療法研究会)

高濃度ビタミンC点滴療法
12.5~25g
体内で活性酸素を除去する働きのあるビタミンCを高濃度で点滴投与します。
口からの摂取では得られない強力な美容・アンチエイジング効果が生まれます。

高濃度ビタミンC点滴療法詳細(点滴療法研究会)

グルタチオン療法 高濃度グルタチオン点滴療法は、パーキンソン病治療の新しい選択肢として注目されています。
また、アンチエイジングにも効果的です。
水素ガス吸入療法 発生させた水素ガス・酸素の混合気を直接吸入する方法です。
美容、アンチエイジング目的。所要時間1時間
高気圧酸素療法 1.3気圧の酸素ボックスの中で、リラックスしていただきます。
筋肉痛、疲労回復に効果あり、所要時間1時間
CTC循環腫瘍細胞検査 ガンの個別化治療のための循環腫瘍細胞検査:血液採取量25ml 先進的ガン治療を希望される方
オンコノミックス検査を受けられた方は、支援的オリゴヌクレオチド療法を受けられます。

血液オゾン(クレンジング)療法

点滴ボトル内に採取した自分の血液にオゾンガス(O3)を注入、適用することにより、体内に抗酸化物質を誘導させる方法です。
鮮やかな赤色の血液を再び体内に戻すことで、下記のような効果が得られます。
・細胞の活性化による血液循環の改善
・体内の酸素量増加
・体温上昇
・持久力アップ
・免疫力アップと正常化
・抗酸化力によるがん細胞増殖抑制、動脈硬化抑制
・月経前症候群(PMS)の改善
・骨髄幹細胞による損傷臓器の修復
・がんの予防
甲状腺機能亢進症以外のすべての疾患に対して治療効果が期待できます。

プラセンタ療法

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射、内服などにより投与し治療に用いる療法の総称を「プラセンタ療法」といいます。現在、当院で使用しているメルスモン(プラセンタ注射薬)は更年期障害に、ラエンネック(プラセンタ注射薬)は、慢性肝疾患における機能改善に保険適用がありますので、週2回(1回あたり2ml、皮下注射)、保険で治療できます。上記以外の疾患・美容・滋養強壮・疲労倦怠改善・精力増進・男性・女性ホルモンバランスの調節等については、自費診療となります。週1回【1回あたり10ml(4アンプル)皮下筋注射:3,000円(税別)】効果が感じられるまで、毎週続けられることをお勧めします。
現在効果があると言われている疾患等(稗田憲太郎:胎盤漿療法より抜粋)
■内科系
肝機能改善:肝炎、肝硬変、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、習慣性便秘
■婦人科系
更年期障害:動悸、息切れ、不眠、月経困難症の改善、便秘、冷え性、生理痛、不妊治療、乳汁分泌不全
■皮膚科
アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、シミ、そばかす、しわ、たるみ、ニキビ、美容、美白、若返り
■整形外科
慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、肩こり、泌尿器科、前立腺肥大
■精神神経科
うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症etc.

疲労回復(ニンニク注射)・美肌点滴

疲労回復注射(ニンニク注射)※保険対象外となります。
ニンニク注射:アリナミンF(ビタミンB1)、C含有点滴。1回あたり2,000円(税別)
スーパーニンニク注射:アリナミンF(ビタミンB1)強化、B群水溶性ビタミン、Vit.C(2g含有)点滴。1回あたり3,000円(税別)
プレミアムニンニク注射(美肌点滴):スーパーにんにく注射のアリナミン含有量を更に増やし、ビタミンB群(B2,B6,B12,ビオチン、ナイアシン、パントテン酸。葉酸)を加え、VC 13gとL-システインを配合
所要時間30分 13,500円(税別)
抗酸化(水素)ミネラル点滴:7,000円(水素点滴のみ 5,000円)(税別)
Ultraプレミアムにんにく点滴(要予約):21,000円(税別)
疲労を回復させる成分として、ビタミンB1が知られています。
当院では、以下のような方々に、皆様ご存知のアリナミンF(ビタミンB1誘導体:医療機関でのみ使用可)注射薬の点滴をお勧めしています。
・二日酔いの方
・運動、スポーツ等で、体が疲れている方
・疲れがたまっていても仕事が休めず、激務をこなそうとする方
・肩こり、腰痛の方、緊張型頭痛の方
・冷え性で体力が弱く、風邪を引きやすい方
アリナミンFの主成分であるビタミンB1の成分中の硫化アリルがニンニク臭のする所から、俗にニンニク注射と呼ばれています。点滴の最中にニンニク臭を感じたら、このためです。体の中に取り込まれていく感覚を味わってください。ビタミンB1は、体内で糖質を分解してエネルギーに変える酵素の働きをサポートする水溶性ビタミンです。
筋肉や神経の働きを良くしたり、脳へのエネルギーを与えてストレスを和らげたりするほか、疲労物質である乳酸を分解して早く疲れを回復させる作用があります。不足すると疲れやすくなり、浮腫(むくみ)が出たり、集中力がなくなるといった症状が出現し、ひどい欠乏状態になると脚気になります。
最近では、インスタント食品などの偏った食事を摂り、清涼飲料水などをたくさん飲む若者の間で脚気の症状を訴える人が増えています。ビタミンB1は熱に弱く、加熱するとかなり壊されてしまいます。さらに水溶性のため体外に排出されてしまうので積極的に補いましょう。
詳しくはスタッフへお問い合わせください。

マイヤーズ・カクテル点滴療法

米国のマイヤーズ医師によって開発された点滴療法です。体内に存在するビタミンやミネラルをはじめ、複数の電解質を含む成分を配合し、静脈内に投与できるため、サプリを経口で摂取するのに比べて、非常に高い効果が期待できます。(気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠感・疲労、甲状腺機能亢進症ほか)

超高濃度ビタミンC点滴療法(がん治療)

超高濃度ビタミンC点滴療法の適応・標準的ガン治療が無効の場合。
・標準的ガン治療の効果をより確実にする。
・標準的ガン治療の副作用を少なくする。
・良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる。
・代替治療としを希望する場合
有効な標準治療すなわち手術療法、化学療法(抗ガン剤)、放射線治療がある場合はそれらの治療と超高濃度ビタミンC点滴療法と併用されることをお勧めします。

グルタチオン療法

パーキンソン病の標準的な治療
パーキンソン病は大脳基底核の線条体という部位でのドーパミンの不足が原因であることが判明しており、これに基づきL-dopaというドーパミンを補うようなお薬を使う治療が現在のパーキンソン病に対する標準治療となっています。しかしながらL-dopaの効果は一時的であり、L-dopaにより活性酸素の産生が増加し病気の進行を早めるという報告もされています。
パーキンソン病とグルタチオン
グルタチオンは脳にとって最も重要な抗酸化物質の一つであり、脳を様々な有害物質から守る役割を担っています。パーキンソン病患者の脳内において、この重要な物質であるグルタチオンが減少していることが分かっています。この事実をもとに、イタリアのSassari大学のチームが実際にパーキンソン病患者にグルタチオンを点滴投与したところ症状の著名な改善が認められました。米国においてはDr.Perlmuterがこの治療法を積極的に行い非常に有効な治療であると報告しています。そして、現在では南フロリダ大学において臨床研究が進行中です。
グルタチオン点滴療法の効果・対象疾患について
グルタチオンでキレート(除去)できる有害金属は水銀・鉛です。
・パーキンソン病に対する治療
・抗がん剤に対する神経障害
・閉塞性動脈硬化症・デトックス(体内解毒)
慢性疲労症候群、線維筋痛症、各種神経系疾患、過敏性腸症候群にも効果が見込まれ、使われることがあります。アンチエイジング分野でもグルタチオンの点滴処方をするクリニックもあります。グルタチオン(glutathione)は組織に広く分布するSH基をもった化合物です。グルタチオン(還元型グルタチオン、reducedGSH)はグルタチオンペルオキシダーゼを介として過酸化水素や脂質ヒドロペルオキシドを還元し解毒します。薬剤としてのグルタチオンは,SH基により体内での抱合反応を賦活して解毒を促進する作用や、抗アレルギー作用があります。なお、グルタチオンの経口投与は腸で吸収されるまでに多くが壊れてしまうため、点滴療法と比べて著しく効果が低くなります。グルタチオンの静注製剤は下記の適応症が認められています。
・薬物中毒、自家中毒、周期性嘔吐症
・慢性肝疾患における肝機能の改善
・急性湿疹、慢性湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、リール黒皮症、肝斑、炎症後の色素沈着
・妊娠悪阻、晩期妊娠中毒
・角膜損傷の治癒促進
・放射性療法による白血球減少症、放射線宿酔、放射線による口腔粘膜の炎症
・初回:生食100ml+タチオン200mgX4A(15~30分で点滴)
・2回目より200~400mgずつ増量(800→1200→1600)平均投与量1800mg、最大投与量3600mg
・週1~2回(患者の改善継続時間により決める)
・投与間隔は7〜10日間と徐々に伸びてくる。投与開始一ヶ月で判定VitaminB12(1mg)の混注効果的高濃度VitaminC点滴は、同日に行いません。
料金:3600円(税別)4A、4300円(税別)6A、5400円(税別)8A、6500円(税別)10A

水素ガス吸入療法

生体組織の酸化ストレスで生じた活性酸素によって、老化現象、全疾患の約80%が誘発されると言われています。
この活性酸素は、正常な呼吸でも生じ、生体内のSOD(スーパーオキサイドデスムテース)、カタラーゼやグルタチオンなどの酵素で消去されます。しかし加工食品の摂取、排気ガス、殺虫剤、紫外線、放射線などの暴露によって、活性酸素は増加してしまいます。従って、多く発生した活性酸素を消去することが、健康を維持することにつながると考えられるわけです。 水素は、強い還元作用を持ち、活性酸素(スーパーオキサイド、一重項酸素、過酸化水素、ヒドロキシラジカル)のうち細胞にとって一番有害なヒドロキシラジカルを選択的に消去する大変理想的な抗酸化物質です。 現在水素を生体に取り込む方法として、水素水(水素の含有量の多い水)の飲用、血管内投与(水素水点滴)と水素を直接吸入する方法とがあります。 当院で行っている水素ガス吸入療法は、水素、酸素発生器で発生させた混合気を鼻孔より、吸入するものです。
水素だけを吸うのではないので、危険はありません。しかし体内に取り込まれる水素の量は、水素水(1リットル中水素1.6ppm程度)を飲むのに比べて、100〜200倍で、水素水100〜200リットル飲んだのと同様の効果が期待できます。
効果が期待できる状態、疾患
・疲労回復、二日酔い、糖尿病、高血圧などの生活習慣病対策
・アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患対策
・ダイエット、代謝低下による冷え性対策
・腸内環境の改善、体臭、加齢臭の改善 ・髪質改善(パサつきや、加齢によるボリュウームダウン)
・しみ、しわ、たるみなどの肌老化対策など
その他運動時に発生する乳酸の消費速度を上げる効果が知られており、以上からこの療法がヘルシーエイジング(健康的に年齢を重ねること)に役立つと考えます。
水素ガス吸入療法(自由診療)
所要時間約1時間(短縮可能)3000円(税別)

高気圧酸素療法

高気圧酸素療法

高気圧酸素ボックスの原理
酸素ボックス内では1.3気圧の高気圧状態を作りだし、この圧が体内のリンパを刺激し、リンパ液の流れを良くいたします。
期待できる効果
・疲労回復
・睡眠不足
・美容
・若返り
・二日酔い
・ダイエット
・メタボリック
・目(視力)
・スポーツ後
・受験勉強
料金
¥3,000(税別)
4回券 ¥10,000(税別)

CTC(Circulating Tumor Cell)循環腫瘍細胞

(1)原発腫瘍から切り離され、血流中に侵入して転移性疾患を形成する能力を持ちながら循環しているがん細胞です。
(2)CTCの中にCSC(Circulating Stem Cell)循環幹細胞様細胞(幹細胞)が含まれ、これが転移再発の元凶であると考えられています。
(3)当院では、CTC,CSCが将来のがん治療展開のターゲットと考えています。
循環腫瘍細胞
NHKクローズアップ現代No304 “がん幹細胞研究最前線”(オンデマンド)
『今までは、がん細胞自身ががんを全身に広めると思われてきた。
ところが、がん細胞の中に循環腫瘍細胞(CTC)と幹細胞(CSC)が微量ながら存在することがわかり、この幹細胞が血中を巡り細胞増殖し、他の部位や臓器に転移や再発を起こすことが判明した。』
循環腫瘍細胞検査
がんの塊が、1.5mm以上になると血中に循環腫瘍細胞(CTC)、循環幹細胞CSCが入り全身をめぐります。
血液20mlの採取で、CTC、CSCの個数を測定でき、この細胞を利用して様々な検査ができます。
これにより、再発、転移の予測や予後の判定ができるだけでなく、後述の検査により、最適な治療法を選択できます。
CTCの数値
3未満:慢性疾患としてがんとの共存の可能性が高い。
5未満:何らかの治療の継続の検討が望ましい。
5歳以上:手術が成功であっても、予後が悪い可能性があるため、さらなる治療への積極的な取り組みが望ましい。
オンコノミックスプラス がん総合検査
1)血中循環腫瘍細胞の分離と同定
(2)がん遺伝子の発現検査
(3)抗がん剤、ホルモン療法、モノクローナル抗体、天栄養成分への感受性検査
(4)検査料39万円(税別)
がんの特徴
のオンコノミックス検査で「がんの特徴」を知ることができます。
個別のがんの特徴は、腫瘍細胞の遺伝子発現を検査することで以下の項目が判ります。
・増殖因子
・自己修復
・薬剤抵抗性
・血管新生
・細胞周期停止
・アポトーシス
・転移
・薬剤代謝
・分子標的
・主要マーカー
支援的オリゴヌクレオチド療法
(1)アンチセンスという技術を使う。
(2)遺伝子の異常な発現を消去する治療
(3)遺伝子鎮静化(gene Silencing)
(4)例えばアポトーシスを妨げているBCL-2タンパクを発現させないアンチセンスを用いることでアポトーシスを促進
・治療は4ヶ月に1回の治療
・年間最大で3回
・4回目の治療は初回治療から1年経過して再開する。
・腫瘍が大きい場合、急激に効果が見られた場合は腫瘍崩壊症候群になる可能性あり
・腫瘍崩壊症候群のリスクを回避するために、投与量を予定の50%に減らして行う方法が推奨されている。
支援的オリゴヌクレオチド療法による副作用
・投与初日に頭痛がおこることがある。
・腫瘍崩壊症候群
・肺胞上皮癌で腫瘍が大きい場合に、腫瘍崩壊症候群が起こった報告がある。
・血液検査でチェックする。

その他、ED(男性機能の低下)、薄毛の相談も承っております。

<ED治療薬>

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス
  • シルディナフィルOD錠(ジェネリック)

※初診の際には、血液検査・心電図検査が必要です。

お客様の声

●手術を考えていたばね指(腱鞘炎)が高気圧酸素療法で完治しました。(50代女性)

●週2回又は週1回の間隔でプラセンタを続けてみたら、お肌のくすみが取れ、1トーン明るくなりました。
更年期世代のあらゆる婦人科的な悩み(潤い不足)にも効果があるのではと感じました(50代女性)

●水素ガス吸入療法を試したらアトピー肌だった手指のかさつきが改善しました。(40代女性)

●水素を吸った次の日、朝起きたら、髪がサラサラしていて、美容院でトリートメントをしたようでした。
顔を洗ったらお肌はツルツルでビックリしました。(40歳代 女性)

●顔色が良くなり、目の下のクマがなくなりました。
休日はいつも疲れていたのに水素を吸った休日は疲れがなく体がとても軽いです。
休日を有効活用できます。(30歳代 男性IT関係)

●1回水素を吸って目がパッチリ見えるようになりました。
2回3回とさらに吸ったらもっと見えるようになりました。(70歳代 女性)

●長年体調を崩していました。水素が体に良いことをテレビで知って試しに吸ってみたのです。
3回目ぐらいから体の変化を感じ始めました。顔色がみるみる良くなっていったのです。
会う人会う人に、水素を吸っていることを知らない人にも「顔色がよくなった。」といわれるので、
さらに実感が深まりました。とてもビックリしています。続けることで体が大分楽になるようです。(60歳代 男性)