バッチの花療法

  • HOME
  • バッチの花療法

バッチの花療法

バッチの花療法

感情や精神のバランスを取り戻し病気の原因の元となるネガティブな感情を癒す、英国伝統の療法です。
「バッチの花療法」はイギリスの医師であり細菌学者であったバッチ博士によって1936年に完成された野の花や草木から作られた38種のフラワーエッセンス、バッチレメディーの花療法です。
「苦しみや病気の本当の原因となっているすべてのマイナス感情を癒し、少なくしていくことが健康な精神を回復し、病気を治すための鍵となる」の考えのもと行われているシンプルで害のない療法です。

バッチフラワーレメディーの使い方

バッチレメディーの使い方

バッチフラワーは害も副作用もなく、どなたでも飲めてその効果を実感できます。
「イライラしている」「疲れている」「眠れない」など、今のご自身のネガティブな状態に合わせたレメディーを選んで数滴をお飲物に入れてお飲みください。直接口に垂らしてもかまいません。

当院におけるバッチの花療法

以下の文は、医療広告ガイドライン限定解除に対応したものです。

  • 治療について、
  • ありうるリスクについて、
  • 料金について、        本文中に説明されています。

そもそもこのレメディーは、日本においては医薬品でなく、天然自然物から抽出された無害のもので、英国産の製品の輸入代行業者(株)プルナマインターナショナル社より購入したものです。バッチの花療法は、1930年代より英国で広く、使われている伝統医学療法です。

 

バッチフラワーレメディとは何でしょう?

バッチフラワーレメディは、心の平安を取り戻したり、 ネガティブな感情に対処するための野の花や草木のエネルギーから作られた 癒しのシステムです。バッチ博士は、病気を治すためには健康な精神が回復の鍵になる と信じ、その人の全体から病気や問題を見ていくような、 シンプルで害のないナチュラルな療法 を発見することを決意し、バッチフラワーレメディィを作り上げました。バッチフラワーレメディは、様々な感情や心の状態や性格のタイプに 対応しており、穏やかに心と身体のバランスを 取り戻すのを助けます。直接身体の症状に働きかけるということはありません が、心の状態が改善されることによって、個々の人間に本来 備わっている自然治癒力がもたらされます。 バッチフラワーは1930年代に、イギリスの医師であり細菌学者でもあった、エドワード・バッチ博士によって、1936年に完成されました。花や植物がもつ癒しのエネルギーのエッセンスで38の種類があります。「バッチフラワーレメディ® Bach FLOWER REMEDIES」と呼ばれています。

 

バッチフラワーレメディは心や感情に働きかけます

バッチ博士は、人間の病気というものは、心の状態の不安定さが体のバランスに悪影響をおよぼし病気という形になって出たものに過ぎず、心の状態の不安定さを改善することで病を治せるということに気付き、その治療薬として花のエネルギーを最大限に活用する方法を体系化しました。

38の種類のレメディはそれぞれ違うタイプの感情を癒すように種類分けされています。バッチフラワーレメディはマイナス(ネガティブな)感情に直接作用し心や感情を癒してくれます。 各レメディは、不安定で否定的なあらゆる種類のマイナス感情を洗い流すように癒し、心の奥に抑圧させている自分を開放して本当の自分を気付かせ、背負い続けてきた心の重荷をおろさせてくれます。どのような心の状態にたいしても38種類のレメディのどれかが「心や感情を治す」手助けをしてくれます。その結果として、明るい希望を取りもどさせて、様々な困難や障害に勇気を持って立ち向かうことができる力をあたえてくれます。

 

バッチフラワーレメディは自然の植物や花々から作られています

バッチフラワーレメディは自然に咲く植物や花々から作られています。植物や花々がもつ『癒しのエネルギー』を水に転写させ記憶させたものです。花の香りや味などは一切ありません。アロマオイルのように、花の香りや匂いなどの成分が神経に作用して、心のバランスを整えてくれるのとは異なります。植物や花々がもちあわせているエネルギーそのものが、ネガティブなマイナス感情が原因となって 人生のいたるところで出会うさまざまな困難や障害から生まれる「深い心の傷、心の疲れ、不安や恐れ、憂鬱や落胆、嫉妬や憎悪、苛立ちや怒り、トラウマ」などあらゆるマイナス(否定的、ネガティブな)感情や不安定な心の状態を、バランスの整った自然な状態に戻してくれます。感情や心が穏やかに鎮められていき、多くの気付きがと出会い、心や感情が深く癒される手助けをしてくれます。バッチフラワーレメディ38種類のどれかに、深く傷ついた心と魂を癒し、悲しみにとざされた苦悩と絶望を救い、人生を前向きに生きる活力と楽しさを与えてくれるレメディがあります。プラセボ効果ではないのか? とも言われますが、一概にプラシーボ効果だけとは言えません。プラセボ効果とは、「薬理的に効果がないにも関わらず、暗示的に反応してしまう」 という意味ですが、 バッチフラワーレメディは、赤ちゃん、子供、意識を失っている人、また、愛しき隣人の犬やネコなどの感情を持って生きているペットや動物、植物にも効果があることから、潜在的な思い込みや期待感が効果を高めているものではありません。

 

バッチフラワーレメディは完全に無害で、習慣性や副作用も全くありません

バッチフラワーはお薬ではありません。主成分はミネラルウオーターと水質保存材として、グリセリンやお料理などで使うワインビネガーのお酢が入っているだけで、それぞれ甘く、酸っぱく感じます。完全に無害で副作用がありません。薬ではありませんので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことができます。もし間違ったレメディを選んでも、効果が現れないだけで、害や副作用は全くありません。

  • 習慣性がない。飲みすぎるということや、長期間使っているうちに効果が薄れるということはありません。

  • 他の薬やセラピーと併用できるどんな薬や治療やセラピーとも併用できますので、普段通りの生活を続けながら 服用することができます。ただし、薬ではありませんので、医学的治療が必要な場合は病院へ行くことをお勧めします。

他のセラピーとの違い

  • アロマテラピー:
    嗅覚器や皮膚を通して身体に働きかけ、その結果感情にも作用します。

  • ハーバルメディシン(ハーブ療法):
    体内のさまざまな部分や皮膚を通して、吸収され作用します。

  • バッチフラワーレメディ:
    まず感情に作用します。 その結果、間接的に肉体にも良い影響が出ることもあります。

 

バッチフラワーレメディによるマイナス感情の皮むき効果

バッチフラワーレメディは心の中に潜んでいるマイナス感情の一番表側の感情に働きかけ改善します。レメディによって一番表側のマイナス感情が癒され改善されますとその感情の下に隠れ潜んでいたいままで表にあらわれていなかったマイナス感情が感情の一番の表側にあらわれてきます。この隠れ潜んでいていままで表にあらわれていなかったマイナス感情が、新たに表側にあらわれてきますと、一見、レメディを飲んだせいで逆に精神的に不安定になったのではないかと戸惑われるかもしれませんが、これは、レメディが当初問題となっていた感情の一番表側のマイナス感情にしっかりと働きかけ、改善がスムーズに行われたことを意味するものです。当初服用したレメディによって感情の一番表側のマイナス感情が癒され改善されましたら、今度はその新たに感情の表側に出てきたマイナス感情に作用するレメディを選び直して服用します。このように次から次に新たに感情の表面にあらわれてくるマイナス感情をレメディによって取り除くことを繰り返していきます。

そうすることによって、心の内面に秘かに隠れ潜っているマイナス感情を次から次にと癒し改善することができます。最後に残ったマイナス感情を改善しますと、よりバランスの取れた自分とであえます。

ちょうどたまねぎの皮向きをイメージされると分かりやすいですね。マイナス感情という皮の一枚一枚を、レメディによって表側から取り除いて行きますと、新しい皮(表側のマイナス感情の下で潜んでいた別のマイナス感情)があらわれます。そのマイナス感情を新しいレメディで剥いていきます。最後は芯に行き着きます。その芯こそがよりバランスの取れた自分です。バッチフラワーレメディはこのような幾重にも重なったマイナス感情を取り除く働きをします。一時的な気分や感情を癒す時は、スットクボトルで服用しますが、長期間にわたる心のマイナス感情や性格を改善するさいは、トリートメントボトルでレメディを調合して服用します。バッチフラワーレメディはそれぞれに異なる心のマイナス感情に作用するように38種類に分類されて体系化されています。

 

バッチフラワーレメディの選び方

当院では、患者様の訴えを聞いて、院長が選びます。

 

料金

レメディーは、飲用して使います。
1瓶(約二から四週間分に相当)あたり、税別2400円です。通常同時に2本から4本使います。